うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

厳しいことを言うようですが…

2017.11.16


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 今日は思い切って『本当のこと』を言います。

 

 別に、隠していたわけでもないし、嘘をついていたわけでもありません。

 

 世の中に蔓延している幻想に対して「間違ってますよ」って言いたいだけなんです。

 

 でも…

 

 本当のことを言うのは、勇気がいることなんです。

 

 特に、幻想を抱いてる人にとってはショックが大きいと思うので…

 

 「あんた!なんてこと言うの?!

 

 って、怒られる可能性もあります。

 

 やっぱり怖いなぁ…

 

 言うのをやめておこうなかなぁ…

 

 でも、ここまで言ってやめるのも…

 

 ええい!やっぱり言います。

 

 反感をかっても、怒られてもいい。
 幻想から覚めてもらう方が大事。

 

 だから、勇気を持って言います。

 

 それは…

 

 結婚しても幸せにはなれませんよ。

 

 と言うこと。

 「結婚したら幸せになれる」と思う方は特に…

 

 うわぁ…言ってしまいました。

 

 これだけだと、余計に誤解を受けると思うので、少し解説させて下さい。

 

◎結婚しても幸せになれない解説

 まず「結婚しても幸せなれない」と言うのは「結婚すると不幸になる」と言ってるわけではありません。

 

 確かに結婚して幸せな人もいます。

 

 その一方で、結婚して不幸せを感じてる人もいることはご存知のはず。

 

 そして、離婚をして幸せな人もいるし、離婚をして不幸せな人もいます。

 

 結婚しなくても幸せな人はいます。

 

 つまり「結婚→幸せ」は成立しないわけです。

 同様に「結婚→不幸」も成立しないし「離婚→不幸せ」も成立しません。

 該当しない人がいるんですから。

 

 そして、そもそも、逆なんです。

 

 つまり、

 結婚して幸せになるのではなくて、幸せだから結婚するんです。

 離婚して不幸になるのではなくて、不幸だから離婚するんです。

 

 もっと言うと…

 幸せを感じてる人は離婚しません。

 不幸を感じてる人は結婚しません。

 

 もっとキツイ言い方をすると…

 幸せでない人は結婚できません

 うわぁ…また言ってしまった…

 

 でも、これは真実なんです。

◎結婚できない理由

 不思議なことでもありません。

 実は、当たり前のことなんです。

 

 例えば、誰かに「結婚して欲しい」と告白されたとしましょう。

 

 その時、もしも幸せに思えなかったら、あなたはOKしますか?

 

 これは、お金があるとかないとか、仕事をしてるとかしてないとかでなく「一緒に居て幸せを感じられる人か」ということです。

 

 一緒に居て、幸せを感じられたら、あなたはOKをするかもしれません。

 でも、一緒に居ても幸せを感じないとしたら、あなたはOKしますか?

 多分しないと思うんです。

 だって、一緒に居て幸せを感じない人と、一生一緒にいることを選ばないですよね。普通。

 

 そして、それは相手にとっても同じことです。

 あなたと一緒に居て幸せを感じないなら、あなたと結婚したいと思わないんです。

 

 だから…

 

 「結婚しないと幸せになれない」と思っている人は、一生幸せになれない(可能性がある)んです。

 

 厳しいことを言うようですが、真実です。

 

◎なぜ、こんなことを言うのか

 私は、あなたにショックを味合わせたいわけではないんです。

 ましてや、あなたを不幸のどん底に落とし込めたいわけでもありません。

 

 むしろ逆です。

 

 幸せでいて欲しいんです。

 

 結婚したら…とか、お金があれば…とか、幸せになれない言い訳をするのではなくて…

 

 何があろうとなかろうと…

 

 あなたに幸せでいて欲しいんです。

 

 だから…

 

 何かがないと幸せになれないという幻想から、早く覚めてください。

 

 あなたは、いつでも幸せでいられるんだということに気づいてください。

 

 幸せになることを待つ必要なんて、全くないんですよ。

 

 それに気づいた時から、あなたは…

 うつ病に伴う悩みや心配について、わたし自身のウツ病経験を踏まえて解決に向けた支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。

 



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。