うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

うつ病かもしれないと思ったら読んでください。

2017.11.15


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 私が、初めて「鬱病かもしれない」と思ったのは、十数年前になります。

 

・毎日、何だか眠れない

・何をやって楽しくない

・何があっても喜べない

楽しんでる人を見るとイライラする

毎日が虚しい

 

 なんとなく自分でもおかしいなとは思っていました。

 

 でも、そのうち治るだろうと思っていたんです。

 

 そして…

 

 1ヶ月以上経ちました。

 

 そんな時に、テレビでうつ病の話が流れていまして…

 

 「えっ?全部当てはまってる…

 

 でも「まさか自分が」と思っていたんです。

 

 それで、会社の喫煙ルームで話したら…

 

 そのあとの話は、プロフィールをご覧下さい。

 

 それで…

 

 今から考えたら、私は運が良かったんです。

 早めに気づいて、早めに対処できたので。

 

 だから、私がお伝えしたいのは…

 

 もしも、うつ病かもしれないと思うなら、早めに病院に行ってください。

 

 ということです。

 

 もしここで「私はうつ病ですか?」と聞かれても、何とも言えません。

 

 うつかもしれないし、うつじゃないかもしれない。

 

 その判断は医者でも難しいんです。

 素人が判断できる話じゃないです。

 

 そして、大切なのは病名ではない!ということです。

 

 重要なのは、いまのあなたの症状。

 

 眠れないとか、何をやっても楽しくないとか、食欲がないとか…

 

 病名よりも、誰かの判断よりも、重要なのはそこです。

 

 仮に「うつ病じゃない」と言われたら、それで症状は消えるかというと…安心が手に入るのかというと…NO。

 

 「本当にうつ病じゃないの?」

 「この病院は大丈夫?」って、疑問に思うだけだと思うんです。

 

 大事なのは病名じゃないんです。

 

 大事なのは、あなたが少しでも楽になること。

 

 あなたが少しでも楽になるのなら、私は何だって言います。

 

 私が心から願っているのは、あなたが出来るだけ早く、楽になること。

 

 だからお願いです。

 

 もしも、うつ病かもしれないと思うなら、早めに病院に行ってください。

 

 そして、あなたが楽になるために、薬を飲んでください。

 

 驚くほど、楽になりますから。

 うつ病に伴う悩みや心配について、わたし自身のウツ病経験を踏まえて解決に向けた支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。