うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

「会社に行くモチベーションが上がらない」という方へ

2017.10.29


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 「会社に行くモチベーションが上がらない

 

 以前に、こんな相談を受けました。

 

 私自身は「そういう時もあるよね」なんて思っていたのですが…お客様は非常に真面目な方で「すぐ対処して、早くモチベーションを上げたい」とのことでして…

 

 ちょと危険だなって思ったんです。

 

◎無理に上げようとすると危険な理由

 真面目な人ほど(私もそうですが)「早く対処して会社に行かなければ」と焦ってしまいがちなんです。

 

 でも、無理をすると身体を壊すことがあるんです。

 

 例えば、腕が上がらない時に、無理に上げようとすると肩を痛めます。

 

 物が持ち上げられない時に、無理に上げようとする腰を痛めます。

 

 それと同じなんです。

 

 上がらないのには理由があります。

 

 その理由に目を向けないまま、無理に上げようとすると…別の所に負担がかかって、結果的に壊れるんです。

◎正しい理由に目を向ける

 だから、ちゃんと理由を捉える必要があるんですが、そこを間違えると、対処方法も違ってくるんです。

 

 例えば、

・身体が思うように動かない

・何となく身体の動きが鈍い

・息切れもしやすくなった

以前の様に動けるようになりたい!

もしかしたら病気だろうか?

 

 こんな相談を受けたら、あなたならどうしますか?

 

 もしも、どうしても気にする様なら「病院で診てもらったらどう?」と、アドバイスするのが正解です。

 

 でも、もしも相談者が高齢の方なら「それって年相応じゃないですか?」って思いません?

(本人には言わないとしても 笑)

 

 また、もしも相談者が太めの方なら「それは太ってるからじゃないの?」って思いません?

(本人には言わないとしても 笑)

 

 間違っても「うつ病じゃないの?」なんて言いませんよね?

 

◎頭で考えた理由はあてにならない

 どちらにせよ、医師免許を持たない人が、病気か否かは判断できません。

 

 ですが、他人の目から見れば分かることもあります。本人は気づいてないことでも。

 

 先ほどの年齢や体重など。

 

 本人は、いつまでも若いつもりだとか、それほど太ってないつもりでいると気づかないんですよね。


そして、頭で別の理由を探します。

 本当の理由に目を向けてないから。

 そして、間違った理由を見つけて、それに対処しようとする。

 そして…

 無理をして身体を壊してしまう。

 

◎本当の理由に目を向ける

 そうなってしまわない様に、冒頭のお客様に寄り添いました。

 

 そして、そのお客様の悩みに対する本当の理由を一緒に探りました。

 

 そして…答えが見つかった時…

 

 電話の向こう側の声が、明るくなるのがわかりました。

 

 そして、言ってくださいました。

 

 「電話する前より心が軽くなった

 

 って。

 

◎上がらないなら、軽くする

 その後のお客様がどうなったのか、私にはわかりません。

 

 それでも、心が軽くなった分だけ、モチベーションが上がったと確信しています。

 

 だって、上がらなかった理由がそこにあったんですから。

 

 少なくとも、そこに目を向けずに、無理やりモチベーションを上げようとする危険が避けられて良かった

 

 心が軽くなっても壊れませんから。

 

 ところで…

 

 あなたは、いまどんな感じですか?

 うつ病に伴う悩みや心配について、わたし自身のウツ病経験を踏まえて解決に向けた支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。