不安を手放し、安心を手に入れる

誰よりも、心に寄り添い相談にのる11

2016.08.14


どうせまた、何か買わそうとしてるんでしょ?」と感じるサイトが多く、嫌になってはいませんか?あるいは、「どこかで聞いたことある話ばかり」と飽き飽きしていませんか?今回も、そんなあなたに向けて、何も売らず、ここでしか聞けない、実際にあった話を紹介します。

 

●相談の要約

相談があったのは、今から数カ月前。「夫のせいでうつ病になった」というお客様から「別居か離婚をすべきか」という相談を受けました。

 

●私の気持ち

正直「別居なのか離婚なのか」と私に意見を求められても答えられません。しかし、お客様は悩んでいらっしゃるわけです。そして、どちらかというと別れたい気持ちの方が強いわけです。但し、相談をされているという事は、別れたい気持ちを止めたいような思いも感じれられ…事情を聞きますと
・結婚して、すぐに子供が産まれた
幸せだった時期もある
・夫が事業に失敗し、荒れ出した
・無収入なのに、金遣いが荒い
・若い女性と付き合っているようだ
・いろいろ考え過ぎて、鬱病になった
とのことで(ここには書けませんが、他にも沢山のトラブルを抱えていて)長年、耐えて苦しんで来られました。そんなお客様に対し「頑張ろう」とか「我慢しよう」などとは言えません。一方、お子様のことを考えると、両親の離婚は心に傷を作ることになりますので、安易に決断すべきではないとも思います。何をどう伝えてよいものかと悩みました。

 

●私が、お伝えたこと

そして、悩んだ末にお伝えしたことは
「今まで、頑張って来られましたね。子どもの事も考えてのことでしょうが結婚生活を維持してきたのは凄いことだと私は思います。いろんな出来事があった中で、頑張って来られました。ここまで頑張ってきたあなたに対し、引き続き頑張ってとか、辛抱してなど私には言えませんが病気が心配です。いま現在も、うつ病治療中であれば、大きな決断はしない方が良いのです。別居や離婚も大きな決断になります。大きな決断する場合は、鬱病の完治後をお勧め致します。」

 

※お客様は、納得して下さいました。

 

どこまで、お客様に寄り添えたのか、それは、いまの私にはわかりません。それでも、誰よりも、心に寄り添って相談にのれるよう、頑張っています。

寄り添う

何かお手伝いできることがありましたら、気軽にご連絡ください

t-nakano@tokasu.com

サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

Events

  • No Events

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。