うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

あって当たり前のこと

2018.10.22


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 急いでいる時にトラブルが起きたりするとイライラしませんか?

 

 今日はそんな日でした。

 

 叔母の葬儀に参列するために葬儀場に向かったところ…

 

 「○○により列車が遅れており…」

 

 という車内アナウンス。

 

 「なんだよ!何やってるんだよ!

 

 と心の中でつぶやき…でも、そんなこともあろうかと早めに家を出ていたので、すぐに落ち着いたわけですが、せっかく早めに家を出たことで稼いだ時間が随分なくなりまして…

 

 「もう!台無しだよ!まったく!

 

 なんて心の中でつぶやきながら駅を降り、バス停に向かいました。

 

 「あと5分早く着いたら、一本早いバスに余裕で乗れたのに…」

 

 とブツブツ心の中で文句を言って、バスを待ちました。

 

 今度は、バスが来ません。

 

 「なんだよ!何やってるんだよ!

 

 そう思っていたら、2分遅れてバスが到着。

 

 また時間の貯金がなくなりました。

 

 急いでバスに乗りますが、私だけが急いで乗っても仕方ないわけで…

 

 他の乗客もみんな乗って、みんなが座席に着いてからバスが出発。

 

 とりあえず、当初降りる予定だったバス停より、葬儀場に早く付けるバス停はないだろうかとルートを検索してみました。

 

 何故か、当初降りる予定だったバス停で降りず、次のバス停で降りるように提案してきて…葬儀場まで歩く距離が伸びていて…

 

 「なんだよ!何やってるんだよ!

 

 と心の中でつぶやきながらイライラしていました。


 いろんな人のおかげで幸せな生活が送れていることを忘れがちですよね。

 

 そこにあることが当たり前になってしまって、そこにあることの有り難さに気づいてないことが沢山あります。

 

 蛇口を開けば水が出るのが当たり前だと思ってしまうけど、私達の家に水が運ばれるためにいろんな人の知識や力が使われています。

 

 スイッチを入れれば電気がつくのが当たり前だと思ってしまうけど、私達の家に電気が運ばれるためにいろんな人の知識や力が使われています。

 

 バスや電車が走っていることだって同じ話です。

 

 ルートを探してくれることだって同じ話です。

 

 なのに、それがいつもと違うと

 

 「何やってるんだよ!まったく!

 

 ってイライラしてしまう。

 

 本当は、そこにあること自体が尊いことなんですけど、そのことを忘れてしまうんですよね。

 

 そこにあって当たり前だと思って…


 とは言え、その時はイライラしてたわけですが…

 

 気づいたら、当初降りる予定だったバス停の前でした。

 

 「スミマセン!降ります!

 

 そう言って、席を立つ私。

 

 「降りるなら、事前にボタンを押してくださいよ!

 

 運転手に怒られる私。(汗)

 

 「何やってるんだよ!まったく!

 

 って、私が思われてるんだろうな〜と思いながら申し訳なさそうにバスを降りる私。

 

 とにかく、葬儀場まで急いで歩き…

 

 汗かきなので、礼服を着て急ぎ歩きをしたくなかったのですが…(泣)

 

 なんとか葬儀開始5分前に到着。

 

 受付を済まそうとしたら…

 

 香典袋を忘れたことに気づき…

 

 おまけに数珠も持ち忘れていて…

 

 「何やってるんだよ!まったく!

 

 と、自分に言う私でした。(汗)

 

 あなたはこんなことありませんか?

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。