うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

私なりの『うつ病再発予防法』

2018.10.09


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 「何で毎日ブログを書いてるの?」

 

 「お金にならないのによく続くね」

 

 「よくそれだけ書くことがあるね」

 

 毎日ブログを書き続けて、3年以上経つことを話すと、ほとんどの人から言われます。

 

 そして、そのたびに

 

 「私のライフワークですから

 

 って答えていたんですが…

 

 それだけではなかったということに最近気づきました。


 相談内容を聞いていて、ふと自分の過去を思い出す時があるんです。

 

 それは、癒やし終えた過去の場合もあれば、まだ癒やし終えてない過去の場合もあります。

 

 癒やし終えてない過去のほとんどが忘れていた過去なんです。

 

 終わったことになっている過去や、今となっては些細な出来事。

 

 今頃くよくよしても仕方ないと思うのに、ふと思い出すんです。


 こういう『ふと思い出すこと』って大事なんですよね。

 

 脳が膨大な情報の中から、今の自分にとって必要な答えを探し出そうとした中で見つかったことですから、何か関係があるはずなんです。


その時は、何故それを思い出したか分からなかったとしても、何か意味があるんです。

 

 だから、静かに問うてみるんです。

 

 「あなたは、私に何を伝えたいの

 

 って。

 

 すると、静かに教えてくれます。

 

 今の自分にとって、大きなテーマとなる様なことを。

 

 「あぁ…そこにあったのかぁ…」

 

 何となくモヤモヤしてた悩みの答えが、過去から継続していた悩みだったりするんですよね。


 頭では終わったことにしていたり、些細な出来事だと割り切っていても、結局は片付いていないんですよね。

 

 家にお客さんが来る時に、部屋中に散らかった物やゴミを押入れに入れて「あぁ、片付いた」と言っている様なもので、見えないところに隠しても、そこにあるままなんですよね。

 

 そういった「無かったことにした」(押入れにしまった)過去達が、相談を聞いているうちにポロポロ出て来るんです。

 

 多分、昔は扱う力がなかったけど、今ならその問題を扱う準備ができたということなんでしょうね。

 

 「相談にのれるくらいなら、これらの問題も解決できるでしょ?」って。

 

 そして、相談に答えるうちに、自分の問題も解消されたりするんです。

 

 お客さんに回答しているつもりが、過去の自分に語りかけていたりして。

 

 だから、相談にのればのるほど、心の中が整理される気がするんです。

 

 そして、日々のそういった活動が、私なりの『うつ病再発予防法』だったということに気がついたんです。


 「結局は、自分のためだったのね

 

 なんて言われると悲しくなります。

 

 間違ってはないけど、それだけではないから。

 

 自分のためだけだと続きません。

 

 自分のためだけでも続くようなら、ダイエットが成功するはずです。(笑

 

 自分のためだけにやることでも続く人はいるかもしれませんけど、私には無理です。

 

 誰かに喜んでもらったり、楽しんでもらったりすることが、やりがいですから。

 

 ただ、それと同じくらい自分自身のケアも大事にしているだけなんです。

 

 人のためでも自分のためでもある。

 

 それが、このブログなんです。

 

 読んでくれた人が楽になって、自分自身も楽になる。

 

 そんなブログを、これからも続けていきたいと思います。

 

 私自身のためと、読んでくれているあなたのために。

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。