うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

安全で安心できる投資先

2018.09.28


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 まだ会社を辞める前、私は、ずっと焦っていました。

 

 大学を卒業してから、そのまま就職して…約20年。

 

 その間、多くの先輩が辞めて行き…多くの人が入社して…辞めて行った。

 

 そして、辞めずにいる私は、ただの社歴が長い人になった。

 

 辞めようと思ったことは何度もあるけど、勇気も自信もなかった。

 

 他の人は、他社でも通用するスキルを持っていたけど、私にはなかった。

 

 他の人は、心身ともに健康だけど、私は何度もうつ病を発症していた。

 

 だから、私には再就職なんて無理だと思っていた。

 

 だから、辞めるのが怖かった。

 

 辞めたら家族を養えないと思った。

 

 だから…「何か手を打たないと…」と焦っていました。


 最初に頭をよぎったのは株式投資。

 

 「株で儲けました」という話を聞くと、ついつい「手軽に儲けられそう」って思っちゃいますよね。

 

 でも…それなりに儲けるためには、それなりのお金が必要です。

 

 借金をしてまで投資をするリスクは取りたくありません。

 

 それで家族が露頭に迷ったら元も子もないですから。

 

 それに、投資すべき会社を見抜く力も必要です。

 

 財務諸表の読み解き方や、業界動向の把握の仕方会社が抱えるリスクを把握する知識も必要になります。

 

 まぁそれはそれで、面白いですが…

 

 そんなことをしなくても確実で安全な投資先が見つかったので、そちらの方がいいと思って諦めました。


 次に取り組んだのが資格取得です。

 

 何か少しでも光る資格を持っていれば、自信にもなるし、再就職にも有利になると思っていたんです。

 

 だから、通信教育で勉強して資格が取れるものにチャレンジしました。

 

 中小企業診断士やファイナンシャルプランナーとか…

 

 でも、あまりものテキストの多さと覚えなきゃいけないことの多さに圧倒され…その上、その資格を持っていても、食べていけるようなものではないということもわかり…挫折しました。

 

 その一方で、昔から勉強したかった心理学について学べるものは続けられました。

 

 「それで儲けよう」とか「いつまでに成果を出さないと…」なんて考えていませんから楽しく勉強できました。

 

 それで身につけたのが『NLP』や『催眠療法』や『マインドフルネス』なんです。

 

 元々は、それで食べていこうなんて思ってなかったんです。

 

 それよりも、自分のうつ病について原因を探ったり、予防するのに使えたらいいなぁ〜くらいに思ってました。

 

 だから良かったのかもしれません。

 

 最初から、仕事にしようと思ったら必死になって焦ったはずですから。

 

 でも、いまではそれを仕事にしようとしているわけですから…わからないものですね。人生って。


 結局、自分に投資するのが一番確実なんですよね。

 

 投資が実るか実らないかは自分次第ですけど、少なくとも投資詐欺に巻き込まれることはありません。(笑)

 

 出資者から怒られることもないし、成果を急かされることもありません。

 

 言っておきますが、出資者は自分という前提です。

 

 もしも家族や親から出資してもらうのであれば、怒られたり急かされたりすることは覚悟してください。(笑)


 振り返れば、無駄だったこともあるけど、実ったものも多いんです。

 

 というか、何が実るかなんて、種を撒かない限りわかりませんよね。

 

 だからいろんな種を撒く方がいい。

 

 でも、何でもいいわけでもない。

 

 特に、自分にあってない種とか。

 

 「好きこそものの上手なれ」と言う様に、好きになれるものなら一生懸命になれるけど「好きになれないけど、儲かるらしいからやってみるか」って思うようなことは続けられません。

 

 ちょっとやっては諦めて…また別のものを試しては諦めて…そんなことの繰り返しになります。

 

 私が無駄にしたのはこれが理由。

 

 だから、どんなことでもいいけど、「好きだ」とか「面白い」と思うことじゃないと駄目なんです。

 

 これだと、絶対に実ります。

 

 というか、好きでやっているから、そのうち自然と実ってくるんです。

 

 「あれ?いつのまにか実ってた!」って感じになるんです。

 

 これが一番気楽でいいと思います。

 

 何しろ、焦らなくてすみますから。

 

 ところで…

 

 あなたは、どんな種を撒きますか?

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。