うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

うつ病の方との恋愛について悩むこと

2018.09.29


 「もしかしてフラれたのかも…

 

 1ヶ月も返信がないと不安に思う。

 

 「もう連絡しないほうがいいかも」とも思う。

 

 あの人がうつ病で苦しんでいるのはわかっているから。


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 実は「好きな人がうつ病だけど…」という相談も多いんです。

 

 よくある相談が

 

・どう付き合っていけばいいんだろう

・連絡が来ない場合どうしたらいい?

・このまま付き合い続けてもいいの?

 

 というものなんですけど…

 

 お気づきですか?

 

 これって、相手の方がうつ病かどうか関係なく思う悩みなんですよね。笑

 

 それを、相手の方がうつ病だということで、過剰に悩んでしまうんです。

 

 まぁ、それも仕方ないんですが。


 あんまり知られてないようですが…

 

 うつ病って、気分の波があるんですよね。

 

 薬を飲んでしばらくして、楽になるんですが、そのまま良くなり続けると思っていたら、ガクンと落ちたりするんです。

 

 うつ病の治療中は、このような浮き沈みを繰り返すのが一般的なんです。

 

 そして、そういう治療を半年以上は続けるのが普通です。

 

 そういうものだと分かっていたら、「まぁそうだよね」と落ち着いていることもできますが、そうでないと…

 

 「治ってきてると思ったのに、全然治ってない…もうダメかもしれない」って思ったりするんです。

 

 そして、下手をすると治療前よりも落ち込んだりして…

・もう何も考えたくない

・もう誰にも会いたくない

・もう誰とも話したくない

 という状態になったりもします。

 

 私も、そうでした。

 

 正しい知識をつけるまでは。


 うつ病について正しい知識をつけると、過剰に不安になる必要もないことがわかるんですが、そうでないと不安に思うんですよね。

 

 それに、誤解と偏見を持った人達が

・そんな人とは別れる方がいいよ

・付き合い続けても、未来はないよ

・こじれると面倒なことになるよ

 とか言うと余計に混乱しますよね。

 

 そういう人はわかってないんです。

 

 うつ病のことはもちろんですが…

 

 そもそも、二人の未来を決める権利なんて、私達にはないんだということを。

 

 だから、こうした方がいいとか悪いとかって話じゃないんです。

 

 だから私は、恋愛の相談にはのってないんです。

 

 ただ、うつ病に対する誤解を解いているだけなんです。


 うつ病のことを相談できる人なんてなかなかいないので、不安に思いますよね。

 

 でも、相談できると安心できる。

 

 半年単位で考えれば、少しは気楽に構えられますし。

 

 そして「期間を決めて待ってみる」という決断もできます。

 

 その結果がどうなるかなんて誰にも分かりませんが、悶々とし続けるよりは全然ましだと思うんです。

 

 そもそも「フラれたのかも」というのは推測にすぎませんから。笑

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容

 



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。