うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

”中医学で考えるうつ病”を聞いて来ました。

2018.09.08


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 偶然の出会いというものを、大事にしたいと思いませんか?

 

 偶然に思えても、あとで振り返ると必然だったということもあります。

 

 その時はわからないんですけどね。

 

 

 実は11月の後半に、あるイベントを企画しているんです。

 

 大体の内容も決まって、日時も決定しているんですが…

 

 まだ告知文が完成してなくて…

 

 というか…まだ書いていません。汗

 

 いろいろと忙しくて…なんて言い訳をしたところで意味はないんですが…

 

 まぁ、それはそれとして…

 

 告知文が出来上がったら、いくつかのサイトに載せてもらおうと思ってたんです。

 

 それで、以前に載せてもらっていたサイトをいくつか見に行ったら…

 

 『中医学で考えるうつ病』という名前のイベントを発見。

 

 「これは是非参加せねば!」

 

 そう思ったんです。特に根拠なく。

 

 それで、すぐに申し込みました。

 

 そして、聞いてきました。

 

以下は、私のメモです。


日時:9月8日(土)14時〜15時半

演名:中医学で考えるうつ病
ー明るく元気な毎日を過ごす方法を中国伝統医学から学ぶー

講師:井上松春

・うつ病という病名は中医学にはない

・古典に、うつ病のような症状が記載

最近の病気ではなく古くからあった

・中医学は陰陽五行思想に基づいてる

・五行には対応する内蔵と感情がある

五行 内蔵 外面 感情
肝臓
心臓
胃腸
腎臓

・五臓と感情表現はつながっている

・症状を見て五臓に効く薬を処方する

 例:パニック障害=恐⇢腎臓

・五臓が健康であれば病気にならない

・食事と睡眠のコントロールが大事

・朝食八分目、昼食多め、夕食軽め

・40歳を過ぎたら夕食無しで良い

・22時から2時の間に就寝すべき

・良い食事と良い睡眠で薬はいらない


 私のメモはここまでです。

 

 この後、うつ病に対する講師の持論を話してくれたんですが…

 

 聞いているうちに、いろんなことが頭に浮かんできて…

 

講師が言ってたことはメモが録れていません。(苦笑)

 

 私の頭の中をメモってました。 笑

 

 ほとんど『ブログのネタ帳』です。

 

 講演を聞いて、ブログのアイディアが湧いてくるなんて思わぬ発見です。

 

 目的はそこじゃなかったんですが…

 

 でも、こういうことってありますよね。

 

 誰かと話していて、話していた内容がキッカケになって大きな発見をするとか、以前に見た映画や本を見返しているうちに、以前には気づかなかったことに気づくとか。

 

 そして、その時は偶然発見したように思うんですが、後で人生を振り返ると、その発見は必然だったとか。

 

 偶然の中に、人生にとっては必然のことが隠れていたりするんです。

 

 だから…

 

 何か少しでも気になったイベントがあれば、どんどん参加する方がいい。

 

 そう思っています。

 

 おっ!イベントの告知に使える言葉が見つかった!

 

 やった〜!!\(^o^)/

 

 告知文が出来たら、すぐ紹介しますね。

 

 そして…

 

 イベントが少しでも気になったら、参加してみてくださいね。

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。