うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

天国にいるあなたへ。

2018.09.03


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 何をやっても出来ない子。

 

 それが子供の頃の私のイメージ。

 

 親からも言われていたし、自分でもそう思っていました。

 

 実際、そうでした。

 

 運動は何をやらせてもダメ。

 (今でも変わりませんが 笑)

 

 勉強も何をやらせてもダメ。

 

 絵を書かせてもダメ。

 (これも今でも変わりません笑)

 

 おまけに、忘れ物も多いし、宿題も忘れる。そして、先生に怒られる。

 

 学校では先生に怒られ、家では親に怒られ…そんな毎日の繰り返し。

 

 落ち着ける場所なんてなかった。

 

 安心できる場所なんてなかった。

 

 どこにも私の居場所はなかった。

 

 中学に入っても状況は同じでした。

 

 というか、一層ひどくなりました。

 

 中学でバスケ部に入ったんです。

 

 低い身長を何とかしたいと考えて…

 

 でも、運動オンチの私が練習についていけるはずもなく…

 

 先輩達のシゴキに耐えながら、辛い練習を続ける日々。

 

 嫌で嫌で仕方なかったんです。

 (今考えれば自業自得ですけど…)

 

 学校と家以外に、行きたくない場所が増えただけ。

 

 このまま、こんな人生が続くのか…

 

 そんなことを思っていた時でした。

 

 音楽の授業中に「あれ?あんたいつからそんなに歌が上手くなったん?」と突然先生に言われたんです。

 

 「え?いつもこんな感じですけど」

 

 そういう私に「部活は何してるの」と聞くので「バスケ部だ」と答えると「バスケ部なんて辞めて、すぐ音楽部に入りなさい」って。(驚愕)

 

 正直戸惑いました。

 

 いろいろ考えたんです。

 

 バスケ部を途中で辞めたら、先輩に怒られるだろうし、同級生にも嫌味を言われるだろうし、そもそも、親にも怒られます。

 

 「身長を伸ばそうと思ってバスケ部に入ったのに、それを辞めて音楽部になんて入ってどうするねん!」って。

 

 案の定、親に怒られました。(笑)

 

 そして、後日、音楽の先生に伝えたんです。

 

 「親が反対してるから無理だ」と。

 

 今なら「何でも親の言いなりか!」って、怒りたくなりますけど。

 

 でも先生は言ってくれました。

 

 「私が家まで行って説得したるわ」

 

 そんな馬鹿な!と思ってましたが…

 

 本当に家まで来てくれたんです。

 

 そして、本当に親を説得してくれたんです。

 

 「あなたの息子さんは、音楽をするために生まれた様な子なんや!」と。

 

 「それは言い過ぎやろ!」って思いましたが…嬉しかったんです。

 

 それまで、誰かに必要とされたことなんてなかったので。

 

 私を必要としてくれる人が、この世にいるなんて思ってなかったので。

 

 …

 

今でもあの時の事は忘れません。

 

 あの先生の一言がなかったら、私の人生はどうなっていたか…

 

 感謝しても感謝しきれない人です。

 

 もう、お亡くなりになりましたが。

 

 もしもこの言葉が先生に届くなら、是非伝えたいと思います。

 

先生へ

 

 私はあなたのおかげで、私を必要としてくれる人がいると気づきました。

 

 私はあなたのおかげで、私の居場所ができました。

 

 私はあなたのおかげで、生きていていいんだと思えました。

 

 私はあなたのおかげで生きてます。

 

 本当にありがとうございました。

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。