うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

「なりたい自分になれない」と思う時に読んでください。

2018.08.25


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 「あんな風になれたらなぁ〜」

 

 

 そう思う時ってありませんか?

 

 

 それは、その人の環境だったり…

 

 

 その人の振る舞い方だったり…

 

 

 その人が持つ力だったり…

 

 

 その人の価値観だったり…

 

 

 

 その人の雰囲気だったりするのかもしれません。

 

 

 そして、そうなりたいと思って努力できるうちはいいんですけど…

 

 

 「自分には無理だなぁ」って諦めることもあると思うんです。

 

 

 まぁ、諦めようと思って諦められるならいいですよね。

 

 「その人みたいになりたい」というこだわりを手放したわけですから。

 

 もう悩む必要がありません。

 

 

 一方、そうでないと辛いですよね。

 

 諦めるにも諦めきれないし、なろうと思ってもなれるものでもない。

 

 こういうどっちつかずの状態が一番辛いんですよね。

 

 

 自分の中で葛藤しているわけです。

 

 

 こういう時、私達は単純に

 

 

 「さぁ、どっちをとるんだ!」

 

 「なりたいのかなりたくないのか」

 

 「なろうとするのかしないのか」

 

 「諦めるのか?努力するのか?」

 

 「さあ!どっち?!」

 

 って、二択をしたがるわけですが…

 

 それがそもそもの間違いなんです。

 

 二択じゃないんですよね。

 

 第3の道があります。

 

 第3だけではありません。

 

 第4、第5、第6、第7…

 

 とにかく無限の道があるんです。

 

 それに気づいてないだけなんですよね。

 

 例えば、これは私の話ですが。

 

 今でこそ『うつ病再発予防コーチ』と名乗っていますが、そういう職業はありません。

 


最初から『うつ病再発予防コーチ』を目指したわけでもありません。

 

 

 ただ「世界中からうつ病で悩む人をなくしたい」と思ったのが始まりで…

 

 …

 

 これを話し始めると長くなるので…それは横に置いといて…

 

 …

 

 とにかく、うつ病で悩んでいる人に寄り添える人になりたい!そうでないといけない!

 

 そう思ったんです。

 

 そしてさらにこう思ったんです。

 

 ・やるならそれを仕事にすべき

 ・そのためには今の仕事を辞めるべき(副業禁止の会社でしたから)

 ・でも、家族を養わないといけない

 

 そこで悩んだんです。

 

 「本当になりたいのか諦めるのか」

 って。

 

 だって、これから新しく始めることが上手くいくとは限らないし、家族を養えるほどの収入が見込めるとも思えません。

 

 ご指名頂けるお客様がいっぱいいるなら、ある程度の収入が見込めるかもしれませんけど、そんなお客様はいません。

 

 全くゼロからの出発です。

 

 そんなことに家族を巻き込んでいいのだろうか?

 

 進学を控えた娘達がいるのに、その希望を奪ってしまわないだろうか?

 

 だからこそ悩んだわけです。

 

 本当になりたいのか諦めるのか

 

 って。

 

 で…今どうしてるかというと…

 

 以前の会社は辞めましたけど…以前の会社と同じような仕事を、別の会社でやっています。そこでの収入で家族を養っています。

 

 そして、本当にやりたいと思ってた「鬱病で悩む人がいない世界を作る」という仕事は、収入がなくても続けるライフワークとして、収入がある方の仕事が終わってから、もしくは休日にやっています。

 

 正直、幸運だったと思っています。

 

 こんな風になれるなんて想像もしてませんでした。

 

 今なら、過去の自分に教えてあげることができます。

 

 やるかやらないかの二択じゃないんだよ。未来は一つじゃないんだよ

 

 って。

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。