うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

嫌な気分を引きずってしまう時に。

2018.05.23


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 あなたは、嫌な気分を引きずることがありますか?

 

 忘れたいのに忘れられないとか。

 

 ふと思い出して、しばらく引きずってしまうこととか。

 

 朝から嫌なことがあると、その日は一日中気分が悪いとか。

 

 

 私もありました。

 

 

 朝、すごく天気が良くて「今日は、何かいいことがありそうだなぁ」って思って歩いていたら、見知らぬ誰かの嘔吐物を見てしまうとか。

 

 

 一瞬にして、気分が悪くなります。

 

 

 また、別の日に、空がすごく青くて気持ちいいなぁと思って歩いてたら…何かの糞を踏んでしまうとか。

 

 

 一日中、糞の臭いが気になります。

 

 

 あるいは、電車の座席が空いていて「やった~」と思って座ったら、隣の人に「その体型で、座ってくるなよ」って言われるとか。

 

 

 その言葉が、頭から離れません。

 

 

 そんな時、無理にそれを忘れようと思っても、なかなか忘れられなかったりしますよね。

 

 

 一瞬で気持ちが切り替えられたら…

 

 

 そんなことを願っていました。

 

 

 でも、難しいんだろうなぁ…

 

 

 そんな風にも思っていました。

 

 

 でも、ある時教えてもらいました。

 

 

 「気分は、すぐ変わるものなんだ

 

 

 って。

 

 そして、こう言われました。

 

 「心(こころ)は、コロコロと変るからココロって言うんだよ」って。

(実は、諸説あるそうですけど 笑)

 

 

 でも、初めて聞いた私は素直に感心したんです。

 

 「そうか~。こころってコロコロと変わるものなんだ~」って。

 

 なかなか変わらないものだと思っていましたが、コロコロ変わるのが自然なんだなぁって。

 

 とするとですよ。

 

 普通ならコロコロ変わるはずの心を変らないようにしていたのは誰なのかという話になるわけです。

 

 十中八九、私達自身ですよね。

 

 もしかしたら、

・気持ちをコロコロ変えてはいけない

 とか

・気分屋だとは思われたくない

 とか

・気持ちを引きずらないといけない

 って(無意識に)思っていたのかもしれません。

 

 で、コロコロ変わるのを私達自身が止めていたのだとすると、私達自身が止めようとしなければ、心が変わるということになるわけです。

 

 だから、

 

 よし!じゃぁ、もう止めないぞ!

 

 頑張って、コロコロ変えてやるぞ!

 

 って思えばいいのかというと…

 

 そうもいきません。

 

 無意識に止めていたものを、意識的に止めないでおこうと思っても、簡単にできるものではありません。

 

 

 じゃぁ、どうするのか。

 

 

 私の場合は、別のことを思い出そうとしたり、考えたりしています。

 

 

 例えば、

 

・先週の日曜日は、何をしてたっけ?

 

・初恋の子は、なんて名前だっけ?

 

・あの曲のタイトルは何だっけ?

 

・キャンプに行きたいなぁ~

 

・6億円当たったら何に使うかなぁ

 

 などなど。

 

 今度は、そっちの方に意識が飛び…

 

 

 ちょっと前まで、どんな気分だったかなんて、忘れてしまっています。

 

 大体は。(笑)

 

 それでもなかなか変わらない時は…

 

 こちらまで、ご連絡くださいね。(^o^)

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。