うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

いい夢を

2018.04.28


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 昨晩は、久しぶりの深酒でした。

 

 嫌なことがあった…というわけではないんです。

 

 逆に、楽しい時間でした。

 

 この年齢になると、怒られることもなくなってきますが、褒められることもなくなってきます。

 

 そんな時に褒めてもらうとうれしいわけです。

 

 「まるで、子供だね。」

 

 って、思われるかもしれませんが、いくつになってもうれしいものです。

 

 それで、調子にのって飲んじゃったというわけです。

 

 褒めてくれた人と二人で。

 

 焼酎のボトルを1本飲み干して。笑

 

 楽しかったけど、翌日は…

 

 頭痛と気持ち悪さで…

 

 まぁ、自業自得ですけど。笑

 

 ちなみに、いつも飲み行くと、別れ際に決まって言うことがあります。

 

 「いい夢を~

 

 いつからか気に入って言ってます。

 

 多分、元ネタは柳沢慎吾さんが言う「いい夢みろよ!」だと思います。

 

 でも「見ろよ」って言うのが上から目線な感じがして言い辛いので。

 

 「いい夢を~」にしています。笑

 

 そう言いながら、深酒しちゃったらいい夢を見れないはずですけど。 笑

 

 ちなみに…

 

 うつ病だった頃や、その直前だった頃は、いい夢は見れませんでした。

 

 それどころか、仕事のことばかりを考えたり、嫌なことばかりを思い出したりして、熟睡できた日がなかった。

 

 ただ横になっているだけ。

 

 横になって、いろんなことを考えたり悩んだりしていただけ。

 

 当然、翌日に疲れを持ち越します。

 

 当然、仕事にも影響が出ます。

 

 当然、ミスも多くなる。

 

 そして…そんな失敗を引きずって…

 

 また、夜に眠れなくなる。

 

 そんなことを繰り返しているうちに身体にも支障が出て来ます。

 

 頭痛、めまい、動機…

 

 私の場合は、こんな感じでした。

 

 いまさら言うことでもないかもですが、眠りって本当に大事なんです。

 

 眠っている間に、脳では情報が整理されて、身体の方では修復が始まる。

 

 翌日の力は、前日の休息で決まる。

 

 そう言っても過言ではないはず。

 

 そして、眠る時に見る夢も大事。

 

 楽しい夢を見れたら、それだけでも幸せです。

 

 行ってみたい所に、夢の中で行く。

 

 話したかった人と、夢の中で話す。

 

 会いたかった人に、夢の中で会う。

 

 歌にもありますよね。

 

♪夢でもし会えたら素敵なことね♪
(作詞作曲:大滝詠一)

 

 って。

 

 あなたなら、どんな夢を見たいですか?

 

 誰にも遠慮をする必要がない自由な世界で、どんなことをしたいですか?

 

 今日は、あなたにもこの言葉を。

 

 「いい夢を~(^O^)」

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。