うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

運が良いのか悪いのか

2019.04.11


うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 「人身事故の影響でJR中央線快速は運転を見合わせています

 

 朝のテレビ番組でニュースが流れていました。

 

 「マジか〜!どうしよう…」

 

 「何時に職場に着けるんだろう…」

 

 ちょっと頭が真っ白になりました。

 

 とりあえず、じっとしていても仕方がないので、さっさと身支度を終わらせて家を出ることにしました。


 

 駅まで歩きながら計画を立てます。

 

 もしかしたら、駅に着く頃には運転を再開しているかもしれません。

 

 運転を再開してなかった場合、他の路線で行くしかありません。

 

 他の路線で行く場合は、普段よりも時間がかかるはずですが、運転再開を待つよりはましだと思われます。

 

 あるいは、駅で運転再開を待つ間に大学の勉強をすることもできます。

 

 ブログを書く時間に使うこともできます。

 

 そう考えると、急いで職場に行こうとしなくてもいいかも。

 

 そんなことを思いながら、駅に向かいました。


 

 駅に着くと、運転再開の案内。

 

 「な〜んや。もう再開してたか〜」

 

 少し残念に思いながら電車に。

 

 駅のホームも車内も人でいっぱい。

 

 電車は寿司詰め状態です。

 

 「あれに乗るのか…嫌やなぁ〜」

 

 少し気が重くなり一本後の電車に。

 

 一本遅らせても電車の混み具合には変わりはないでしょうけど、寿司詰め状態のところに自分が割り込んでいくよりは、一本遅らせて、先頭に並んだ状態で後ろから押し込まれる方がいい気がしたんです。


 

 一本遅らせたおかげで、車内の奥の方まで入っていくことができました。

 

 乗車口付近にいると、駅に着くたびに乗り降りする必要があるので大変。

 

 その点、奥にいると安心です。

 

 「やっぱり一本遅らせてよかった」

 

 そう思っていたら、電車が急停車。

 

 飛んできた傘が架線にひっかかり、しばらく運転を見合わせるとのこと。

 

 「マジか〜!また?」

 

 「今度はいつまで待たされるの?」

 

 なんて思っていたら、目の前で座席に座っていた人が立ち上がって、車内を出ていきました。

 

 「ラッキー!」

 

 すかさず、空いた席に座りました。


 

 椅子に座ると落ち着きますね。

 

 せっかく椅子に座れたので、いつもの駅では乗り換えずに、もう少し先の駅まで乗っていくことにしました。

 

 実は、その方が少し早いんです。

 

 でも、その方が少し高いんです。

 

 だからいつもは、多少時間がかかるけど、安いルートで行ってました。

 

 だけど、こういう一大事の日は仕方がありません。

 

 多少の出費は多めに見ないと。

 

 椅子にも座れたことですし。


 

 結局、職場には5分の遅刻で到着。

 

 電車は95分遅れだと言ってましたが、家を早めに出たことと、普段より少し高いけど少し早いルートを通ったことで、遅刻は最小限に抑えることができました。

 

 トラブルに巻き込まれましたけど、駅に着いたら運転を再開していたし、途中でまた運転が止まったけど、椅子にも座れたし、めちゃくちゃ遅れると思ったけどそれほどでもなかったし…

 

 トータルで考えると、運は良かったと言えるのかもしれませんね。

 

 あなただったら、どう思いますか?

 

How-do-you-see-it

うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。