うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

情けは人の為ならず2018

2018.02.22


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 「今は忙しいから気もはってるけど落ち着いたら…どうなるかわからん

 

 

 初七日を終えた母が言いました。

 

 

 二人で住んでいた家も、一人になると広すぎる様で…

 

 

 寂しくて寂しくて仕方ないと。

 

 

 とは言っても…

 

 

 初七日が終わるまでは一緒にいようと思ってましたが、いつまでも一緒にいるわけにもいきません。

 

 

 食べていくためには、仕事も必要。

 

 いつまでも休んでいられません。

 

 

私「何か手伝うことがあるんやったら居られる様に調整するけど、何もないんやったら帰るで。」

 

母「何もやってもらうことはないけど居てもらえるんやったら、居てもらう方がええなぁ」

 

私「いつまで居たらええの?」

 

母「いつまでもやな~ 笑」

 

私「アホ。キリないから帰るわ 笑」

 

 

 というわけで、妻と娘達と一緒に、4人で東京に帰りました。

 

 

 実は、少し安心したんです。

 

 

 近所の人達、義父の息子さん娘さん達、親戚の方々が暖かくて。

 

 

 

 「こんなにたくさんの人に見守ってもらってるなら大丈夫や」

 

 

 そう思えたんです。

 

 

 実は、生前の義父が、近所付き合いをこまめにやっていてくれたらしく。

 

 

 「いろいろお世話になったんやわ

 

 いろんな人が話してくれました。

 

 

 どちらかというと人付き合いが好きではない母の分まで。苦笑

 

 

 

 そのおかげで、いま、母は助かっているわけです。

 

 

 そのおかげで、私も安心できた。

 

 

 「情けは人の為ならず」って、言いますけど、本当にその通りですね。

 

 

 義父を見習わないといけないなぁ。

 

 

 そんなことを感じた帰郷でした。

 

 

 

いろいろお世話になったんやわ

 

 と言われる人に、私もなりたいな。

 

 あなたも、そう思いませんか?

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。

 



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。