不安を手放し、安心を手に入れる

はずかしいけど・・・

2017.04.26


「人生を輝かせたい」ウツ経験者専門コーチの中野です。

 

 先日、図書館から帰ってくる時に、急にラーメンが食べたくなりまして、家の近所のラーメン屋に寄りました。

 以前は、毎日のように行ってましたが、随分とご無沙汰してましたので、ちょっと懐かしい感じもします。

 

 店に着いたのは、13時半。

 

 昼食の時間帯は少し過ぎてるので、席は充分に空いてるはずです。

 

 で、入口を開けようとするのですが開きません。以前から少し重めだったので、何かがひっかかっているのかと何度が開けようとしますが、ビクともしません。

 

 ガラス窓から店内を覗いてみると、なんか薄暗いのですが、店員らしき人もいるので定休日でもないはずです。

 

 また、昼を少し過ぎたと言っても、休憩するには早すぎるとも思います。

 

 

 「壊れてるのかな?」と思いつつ、ドアをガチャガチャやっていると、奥の店員が気づいて、入口まで来ました。

 

 そして、ドアが開きホッとした私に「開店は、14時からなんですけど」と言われました。

 

えっ?・・・うそ・・・

 

 確かに、よく見るとドアに張り紙で「14時~26時」と書いてました。

 

 なんとなく「あ!すみません!」と(すみませんとは思っていませんが)言って、店を離れました。

 

 2~30分ほど待てば開店します。でも、私は待つ気もないし、食べる気も失せてました。私は怒ってました

 

 少しずつ、怒りが増していました。

 

 私は、こんなことを思ってました。

 

せっかく久し振りに来てやったのに

・昼時に開いてないなんてありえない

・昔は、11時からやってたでしょ!

・私に、なんの断りもなしに変えて!(オーナーでもなんでもないけど)

14時まで開店を待つ客がいるか!

・そもそも、商売する気がないでしょ

・こんな店、二度と来てやるもんか!

・せっかくの客も、遠のいていくぞ!

・こうやって、客が離れていくんだ!

・そして「客が来ない」と嘆くがいい

 

 

 一通り、心の中で罵声を浴びせてると、あることが頭をよぎりました。
 「そう言えば、最近、ココナラからの申し込みが全くなくなったな~。」

 

 

 ご存知かも知れませんが、ココナラ(サービスを売り買いできるサイト)で、相談サービスを提供しています。

 以前は、いくつか注文を頂いたことがあるのですが、最近は全くなく…。

 

 

 「何か、客足が遠のくことでも…」

 

 不安になって、急いで家に帰って、ココナラ上での自分のサービス内容を確認してみたんです。

 

 ほぼ全てのサービスを、受付停止にしていました。Σ( ̄□ ̄lll)ガーン

 

 

 「人のフリ見て、我がフリ直せ!」を痛感いたしました。

 

 

 そして翌日、申し訳ない気持ちで、あのラーメン屋に行きました。

 

 

 もちろん、14時まで待った上で。

 

 

 14時ぴったりに店員がドアを開け「いらっしゃいませ!」って、笑顔で迎えてくれました。

 

 あんなに酷いことを思ってたのに…

 (心の中で)罵声を浴びせたのに…

 そんな私を、笑顔で迎えてくれた。

 

 申し訳ない気持ちでいっぱいです。『穴があったら入りたい』とは、正にこんな感じです。

 

 

 そして、私は静かに反省をして…

 

 

 「昨日は『来てやるもんか!』とか『14時まで開店を待つ奴がいるか』とか『客が離れていくぞ』と言って、誠に申し訳ないことでございます。

 

 

 と、心の中で呟きながら、ラーメンを食べました。今回だけは、替え玉を2玉に控えさせて頂きました。

 

 食べている間に、何人も客が入って来くるのが目に映りました。

ウツ病を経験した方だからこその悩みや心配事を、わたし自身のウツ病経験を踏まえ、解決のご支援をしてます。

 

相談したいことがあれば、お気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

もしよろしければ会いに来て下さい。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。