不安を手放し、安心を手に入れる

あなたはどっち?

2017.03.09


【うつ病で悩む人が1人もいない!】そんな世界を目指しています。
うつ病経験者専門コーチの中野です。

 

 もう少しで、卒業式の時期ですね。

 

 卒業式に向けて、卒業生も在校生も歌の練習をしている頃だと思います。

 

 我々だと、仰げば尊しや巣立ちの歌でしたが、今は、いきものがかりとかコブクロの歌を唄うそうですよね。

 

 時代は変るものですね。


◎あなたはどうでしたか?


 ところで、あなたは、合唱はお好きでしたか?

 

 卒業式に限らず、何かと合唱をする機会ってありましたよね。

 

 特に、校内の合唱祭とかがあると、先生が張り切るのはもちろんですが、クラスに必ず一人はいる真面目な子が「みんなで練習しよう!」とか言って少し浮く場面とかもありましたよね。

 

 小学生ならまだしも、中学とか高校になると、集団行動が嫌になったり、ちょっと反抗をしたくなったりして、練習をサボる人も必ずいましたよね。

 

 でも、大体の人は雰囲気に流されるので、真面目な空気が漂えば歌うし、サボる空気が漂えば歌わないって感じで、どちらが漂うかが、成否を決める感じでしたよね。

 

 あなたは、どうでしたか?


◎いまなら、どうですか?


 と言っても、それらは昔の話です。

 

 大人になった今では「幼かったな」と懐かしく思うことでしょう。

 

 さすがに、いまだに反抗をしたり、集団行動が苦手とか言いませんよね。

 

 え?アダルトチルドレン?(死語)

 

 えっ?永遠に16歳?アイドル?

 

 さすがにそれはなくても、いまだに空気に流される人は居るかもですね。

 

 今のあなたは、どうですか?


◎やりたくてやってる人は違う


 ところで先日、合唱団に入ることになりまして…といっても入団試験前…現在、譜面をみて練習しています。

 

 と言っても、私は楽譜が読めませんので、音源が入ったCDを聞きながら歌詞を口ずさむレベルですけど。

 

 とにかく、必死に練習しないと大変なんです。

 

 大人なので、誰かに怒られるなんて理由ではないです。

 

 先日、合唱団の練習会に初めて参加したのですが、みなさんの一生懸命さがすごいんです。

 

 そりゃ考えてみればそうですよね。

 

 みなさん、歌いたくて参加しているので、ヤラサレ感はないわけです。


◎やりたいことなら辛くない


 だから、毎週の練習も欠かさず来るし、みんな一所懸命に練習しますが、楽しそうなんです。

 

 辛さなんて、感じられません。

 

 10代から60代まで幅広い年齢層ですが(平均年齢は高めでしょうが)みんな元気で生き生きしています。

 

 やりたいことをやれている人達は、元気なんですよね。

 

 気づいてみれば、当たり前ですが、やりたいことをやってる時は辛くないんですよね。

 

 辛いのは、やりたくない事をやる時です。

 

 あなたがやってることは、どっち?

自身の経験を生かして、うつ病を経験した方に対するサポート(悩み相談、トラウマケア、願望実現等)を行っています。

 

サービス案内は、こちらをクリック。

近日開催予定のイベントは、こちら。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。