不安を手放し、安心を手に入れる

悪い習慣になってしまう前に…

2017.09.07


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

昨夜は・・・

 

家に帰ることができませんでした。

 

別に、飲みに行ってたわけではないんです。

 

帰宅恐怖症などでもありません。

 

単純に仕事で帰れなかったんです。

 

厳密にいうと、帰ろうと思えば帰ることはできたんですが…

 

仕事が終わったのが、朝の4時半。

 

そこからタクシーで帰宅したとして家に着くのが5時半過ぎ。

 

そこから、シャワーを浴びたりするうちに6時くらいになって…

睡眠する時間もないうちに、出勤の支度をしたり、朝食を食べたり…

 

そして、また1時間半の通勤列車。

 

それを考えると、仕事場の近くで、カプセルホテルや漫画喫茶でシャワーを浴びてくつろいだ方がよっぽと効率的だと思ったわけです。

 

少なくとも往復の時間(約3時間)は有意義に過ごせるわけです。

 

なんて偉そうに言ってますが、仕事で帰れなくなって外泊した経験って、めったにないんですけどね。

 

だから、ちょっぴりワクワクした感じもありました。

 

社長「中野君。そろそろ帰ろうか」

中野「えっ?私は帰れないと思って、妻に『今日は帰れない』ってメールを送りましたよ。」

社長「えっ?じゃぁどうするの?」

中野「近くに24時間営業の漫画喫茶を見つけたので、そこで過ごします。」

社長「帰ってゆっくり休みなよ」

中野「往復する時間が勿体無いです」

社長「そうか…じゃぁ領収書を貰ってきてね。全部会社で出すから。」

中野「ありがとうございます。じゃあ着替えを買う分も含めていいですか」

社長「もちろん。食事も含めて」

中野「ありがとうございます。

 

会社のお金で有意義な時間を過ごすことができました。

 

ワクワクがより一層増します。

 

そして、私は近くのコンビニで下着を買って、そのまま近くの漫画喫茶に行きました。

 

そして、会員登録をして施設の説明を聞いて…シャワーを浴びて(有料)夜食(朝食?)に冷やし担々麺を注文して…身も心も満足した状態で…今、ブログを書いてます。(笑)

 

たまに周りからいびきが聞こえたりしますが、それもまた特別な経験。

 

いつもと違った空間で、いつもと違う時間を過ごすのって、すごくいいものですね。

 

居心地も悪くありませんし。

 

でも…

 

危険だなって思いました。

 

これに慣れてくると「終電に間に合わなくても、漫画喫茶がある」と思って深夜残業が当たり前になってくる気がしたんです。

 

そして、こうやってワーカホリックになっていくんじゃないかって。

 

私もすでにワーカホリック気味なのかもしれませんけどね。(笑)

 

今日はこの時間を堪能しますけど、今夜は絶対に家に帰ります。

 

というか、今日は早めに帰りたいと思います。

 

まぁ、毎日早めに帰りたいと思っているのに遅くなってしまうんですけどね。

 

でも、とにかくこんな居心地の良い場所に体が慣れてしまう前に…これが習慣化してしまう前に…足を洗わないといけないと思ってます。

 

そんなことを思った徹夜明けの朝のひとときでした。

 

こんな日もあります。

 

あなたなら、どんなことを思いますか?

 うつ病に伴う悩みや心配について、わたし自身のウツ病経験を踏まえて解決に向けた支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。



PDF

関連記事

Events

  • No Events

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。