不安を手放し、安心を手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰よりも、心に寄り添い相談にのる17

2016.08.27


どうせまた、何か買わそうとしてるんでしょ?」と感じるサイトが多く、嫌になってはいませんか?あるいは、「どこかで聞いたことある話ばかり」と飽き飽きしていませんか?今回も、そんなあなたに向けて、何も売らず、ここでしか聞けない、実際にあった話を紹介します。

 

●相談の要約

相談があったのは、今から2カ月前。「酷い仕打ちをされて鬱病になった」とおっしゃるお客様がいらっしゃって「悲しみ憤り怒りのループで、頭が変になる。どうやったら忘れられるか」という悩みを打ち明けて頂きました。

 

●私の気持ち

酷い仕打ちをされて…」ということですが「具体的には何があったのか」と思いました。誰から何をされたのかによって、こちらからお伝えする内容も変わってくると思われます。しかしもしそのことがトラウマになっているとすると、思い出すのも辛い可能性があり、聴き方によっては余計に傷つく可能性もあります。その辺りを踏まえながら、言える範囲で教えて頂くと…

・その相手とは、別れた彼女である
・付き合っている頃は、随分尽くした
・急に「彼氏が出来た」と別れられた
・話をしたくて、メールや電話をした
ストーカーのような扱いをされた
・傷つき、うつ病になり精神科に通院

ということで、忘れられないのは彼女に対して、まだ、恋愛感情があるからではないかと思いました。その一方で「そんな彼女を忘れたい」という思いもあり…恋愛感情を何とかしないと、簡単には忘れられないかもしれなく…なんとお伝えすべきか、悩みました。

 

●私が、お伝えたこと

そして、悩んだすえにお伝えしたのは「無理に、忘れようとしなくてもいいと思います。酷い仕打ちをする彼女がいたと実体験した事で教訓が得られたのも事実ですから。それさえも忘れてしまうと、同じ経験をする事にもなりかねません。一方で、彼女のことを、考え続けるのは勿体ないと思います。それが、悲しみ憤り怒りだとしても、彼女のことを考え続けていた訳です。酷い仕打ちをしておきながら、今も、あなたの心を惑わすのが彼女の戦略。彼女の戦略に乗ってしまっては悔しいじゃないですか。もう彼女の手のひらから降りる時だと、私は思います。」

 

※お客様は、大変喜んでくれました。

 

どこまで、お客様に寄り添えたのか、それは、いまの私にはわかりません。それでも、誰よりも、心に寄り添って相談にのれるよう、頑張っています。

寄り添う

何かお手伝いできることがありましたら、気軽にご連絡ください。

t-nakano@tokasu.com

サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

  • はじめてのマインドフルネス実践2017年5月26日

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。