不安を手放し、安心を手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病予防1【誤解を解く】実践7

2016.06.07


今日も、うつ予防法の1の実践として【ウツに対する誤解を解く】話です。

 

 

本日も昨日の続き『うつ病と性格』

 

 

「性格は変えられないから、うつ病は治らない。」という思い込みについて話します。

 

 

「そんな思い込みはしてない」というそこのあなた。

 

・性格は変えられない

・うつ病は治らない

 

と分けても、思い込みは無いですか?

 

 

最初に「性格は変えられない」から、見ていきたいと思いますが、その前に

「何を持って性格と呼ぶのか」という前提が違うと意見が噛み合いません。

 

 

ここで「性格とは何か」という前提を合わせたいので、昨日も定義した様に

『行動の仕方や基となる感情・考え』を性格と呼ぶことにさせて下さい。

 

 

さてその上で「性格は変えられない」という文章を見ると面白いんです。

 

 

『性格』を『行動や感情や考え』に変換すると、

「行動や感情や考えは変えられない」という文章になります。

 

 

こう言われると「そんなことないよ」って思いませんか?

 

 

行動も感情も考えも、本人が変えようと思えば変えられます。

 

 

「考えが感情を生み、行動を決める」というのは認知行動療法の理論です。

この理論に基づくと「考えが変わると感情が変わり、行動も変わっていく」となります。

(詳しくは「認知行動療法」で検索)

 

 

「考え」さえ変わればいいんです。

 

 

但し「考え」を変えるのが難しい。

 

長年培った「考え方の癖」があるので簡単には変えられない。

 

「変えられない」とは言わないけれど「簡単には変えられない」が正しい。

 

 

というわけで、こうなります。

 

 

「行動や感情や考えは変えられない」は間違いである。

「行動や感情や考えは簡単には変えられない」が正しい。

 

つまり「性格は変えられない」でなく「性格は簡単には変えられない」が正しい。

image

「うつ病は治らない」も同じ話です。

 

 

実際に治っている人がいるってことは「うつ病は治らない」は間違い。

 

但し、治療には数カ月~数年かかり、簡単に治る病気ではありません

 

だから「うつ病は治らない」ではなく「うつ病は簡単には治らない」が正。

 

 

という訳で「性格は変えられないから、うつ病は治らない。」については、

「性格も変えられる。うつ病も治る」ということ。

 

但し「性格は簡単には変えられないし、うつ病も簡単には治らない。」

 

 

簡単じゃないけど、諦めないで!!

 

 

結果的には「簡単には」という言葉を入れただけのことかも知れませんが…

 

これが入るかどうかで随分と意味が、変わってくると思いませんか?

 

 

あなたも何か「出来ない」と思うことに「簡単には」と入れてみては如何?

 

 

何かお手伝いできることがありましたら、気軽にご連絡ください

t-nakano@tokasu.com

サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

  • はじめてのマインドフルネス実践2017年5月26日

Events

  • No Events

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。