うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

知らない方が良かった?

2019.06.17


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 知らない方がいいことってありますよね。

 知らなかったら、心をかき乱されることもなかったのに…

 知ってしまったからこそ、そのことから頭が離れない。

 そして、ずっと心がかき乱されて…

 早く記憶から消してしまいたい。

 そんなことがありました。


 先日の大雨の夜、娘が22時を過ぎても帰ってこなかったんです。

 でも最近は、24時を過ぎることも時々あったので、

 「今日もまた遅いのかな?」

 くらいで、それほど心配はしていなかったんです。

 だから、早めに寝てしまいました。

 多分、寝たのは22時半頃だったと思います。


 考えてみれば、私が大学生の時は、一人暮らしをしていました。

 誰からも何も束縛されない、自由な生活。

 何時に帰ろうが、部屋で何をしようが、誰にも文句は言われません。

 あの頃の私は、完全に自由でした。

 でももし、あの頃の生活を親が見ていたら、心配しただろうと思います。

 もし、同居とかしていたら…

 多分、親はストレスが溜まって仕方なかったと思います。

 そういう意味では、私が一人暮らしをしたことは、私にも親にも良かったことだと今は思います。


 しかし、今の私には、娘二人を一人暮らしさせられるほどの金銭的な余裕はありません。

 そういう意味では、娘達には申し訳ないと思っています。

 もっと私に力があれば…

 もっと私が稼いでいれば…

 もっと私に蓄えがあれば…

 私がうつ病になどならず、出世していれば…

 そんなことを思っても仕方ないことはわかっていますが…

 ついつい、考えてしまうんです。

 私は、親らしいことをしてあげられているのだろうか。

 って。


 早く寝た分、翌日には早く目が覚めて、朝5時くらいからいろいろやっていました。

 台所を片付けたり、お風呂に入ったり、ビデオを見たり、着替えたり。

 天気も良かったので、買い物にでも出かけようと、玄関を出たのが6時半頃でした。

 向こう側から娘が帰ってきました。

私:えっ?!今帰ってきたの?

娘:そうだよ。

私:えっ?!えっ?!えぇぇぇ?!

娘:先輩が、おごってくれたんだよね

私:あぁ…そうなんや…

 そして娘は家に入っていきました。

 私は一人、何だか心がワサワサした状態で、買い物にでかけたのですが…

 てっきり、昨夜のうちに帰ってきていると思ってたんですよね。

 知らない方が良かった。

 でも…

 娘は、もう大学生なんですよね。

naruyouninaru

うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。