うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

人見知りでも、交友関係は広げられます。

2019.06.01


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 誰にも話せませんでした。

 

 誰とも話せませんでした。

 

 誰にも声をかけれらませんでした。

 

 誰にも声をかけませんでした。

 

 「誰とも話したくない」と思ってたわけじゃありませんけど。

 


 私は、知らない人が集まる場所には基本的に行かないようにしています。

 

 そういう場所は苦手なので。

 

 というか、嫌いなので。

 

 別に人が嫌いだとか、集団が苦手だとか、社交不安症だとかいうわけではありません。

 

 単に、初めて会う人達と何を話していいのか分からないだけです。

 

 どんな顔をしていればいいか分からないだけです。

 

 どんな風に話しかければいいか分かないし、たとえ話しかけられたとしても話が続かないし。

 

 だから、パーティーとかコンパとか嫌いでした。

 

 本当は、いろんな人と話せたらいいだろうなぁとは思っていましたが。

 


 昔は、そんな自分を変えていかないとダメだと思っていました。

 

 そんなことでは、いつまでたっても交友関係は広がらないし、結婚もできない。

 

 そう思っていました。

 

 でも、いまではそれが、ただの思い込みだったとわかっています。

 

 あの頃から何も変わっていなくても交友関係は広がり続けているし、結婚もできたから。

 

 私がダメだと思い込んで、変えないといけないと思っていたものは、個性だったんです。

 


 ちなみに、私が交友関係を広げられた秘密は、いろんな研究会やセミナーに参加したことです。

 

 初めて会う人や知らない人がいますが、無理して話す必要はありません。

 

 だって、その人達と話すのが目的で研究会やセミナーに参加したわけではなく、学ぶのが目的ですから。

 

 でも、研究会やセミナーに参加すると、その中で「このテーマについて、周りにいる人達と話し合って下さい」という時間が必ず用意されます。

 

 その時に話せばいいんです。

 

 無理に話題を探すのではなく、そのテーマについて話せばいいんです。

 

 そして、そうやって同じ学びの仲間と話しているうちに、仲良くなったりして、交友関係が広がっていきます。

 

 妻とも、あるセミナーで出会ったのがキッカケでしたし。

 

 誤解のない様に言っておきますが、結婚相手を探すためにセミナーに参加したわけではありませんからね。笑

 

 あくまで副次的な効果なんです

 


 今回、私は誰とも話していません。

 

 大学の講義を聞きに行ったので。

 

 また、今回の大学の講義では、周りにいる人達と話し合う時間は用意されなかったので。

 

 「相変わらず、人見知りだなぁ」

 

 って、自分のことを愛らしく思った1日でした。

Should be that?

うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。