うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

やったことがないのに、馬鹿にしていること。

2019.03.17


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 中野家に、電動アシスト付き自転車がやってきました。

 

 生まれて初めての電動付き自転車。

 

 今までも買おうと思えば買えましたが、必要性を感じていませんでした。

 

 「自転車なんだから、普通に漕げばいいし、キツかったら変速ギヤを軽くすればいいだけだ」

 

 そう思っていました。

 

 新居に引っ越して来るまでは。

 


 

 「ここは、自転車では無理やな」

 

 新居に引っ越してきて、早々に思いました。

 

 新居は、小高い山の上にあります。

 

 だから、家からどこかに向かう時は楽なんです。

 

 どこに行くにも下りですから。

 

 でも、帰りがきつい。

 

 大きく下って来た分だけ、帰りには登っていかないといけませんから。

 

 歩きでも坂が急でキツイんです。

 

 自転車だと、降りて押さないとまず無理です。

 

 だから、毎日の通勤は徒歩です。

 

 それも、少しずつ慣れてきました。

 

 片道30分以上の道のりですけど。

 


 

 「買い物をどうしようかなぁ〜」

 

 次に悩んだのがこれです。

 

 通勤は徒歩で良いとして、買い物はどうするんだろうと。

 

 両手に買い物袋を持って、あの坂を登るのは…多分死んでしまいます。

 

 かと言って、自転車に荷物を積んで押して上がるのも無理です。

 

 特に、業務スーパーで大量の食材を買った時などは。


 

 「電動付き自転車を買っちゃう?」

 

 そう妻に持ちかけたのが先週です。

 

 先週は、引越し後の片付けや食材の買い出しのために車を借りました。

 

 だから、業務スーパーで2リットルのお茶を箱買いすることもできましたが、毎週、買い出しのためだけに車を借りるわけにもいきません。

 

 そんなことをしていたら、破産してしまいます。

 

 業務スーパーに買い出しに来るのも今日が最後かぁ〜。

 

 そんなことを思っていた時…ふと、「電動付き自転車だったら、買い出しにも来れるし、坂も登れるかも」

 

 そう思って妻に言いました。

 

 「電動付き自転車を買っちゃう?」

 って。


 

 そして、ついに中野家に来ました。

 

 電動アシスト付き自転車ちゃんが。

 

 乗ってみて驚きました。

 

 「えっ?こんなに楽なの?」

 

 歩いて登るのも辛い坂を、スイスイ走ります。

 

 自転車に乗っているというよりは、スクーターに乗っている感じんです。

 

 正直、電動付き自転車を馬鹿にしていました。

 

 バッテリーの分だけ重くなるから、それほどスイスイ走るものでもないと思っていました。

 

 辛くなったら、ちょっと手助けしてくれるだけかと思っていました。

 

 でも…想像と全然違います。

 

 誰かが自転車を後ろから押してくれる感じに近いです。

 

 それも、筋肉ムキムキの人が全力で押してくれる感じ。

(筋肉ムキムキの人に自転車を押してもらった経験はありませんけど)

 

 実際に乗ってみないと、わからないものですね。

 

 あなたはありませんか?

 

 やったことがないのに、馬鹿にしていること。

sorettehonntou

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。