うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

イライラした時に

2018.10.30


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

・なんでこんなことも分からないの?

・なんでやってくれないの?

・なんで思うようにならないの?

・なんでやりたいことができないの?

 

 なんで…なんで…

 

 こんなふうに思う通りにならない時ってどうしてますか?

 

 「仕方ないなぁ」って諦めますか?

 

 それとも…

 

 思い通りになるまで頑張りますか?

 

 それとも…


 最近、電車内でイライラしている人が多い気がするんです。

 

 ちょっと当たっただけで睨んできたり、満員電車で人が乗り降りするたびに舌打ちしたり、スマホを見てる若者をずっと睨んでいたり。

 

 まぁ、イライラしているだけで何も言ってこないならまだいいんですが、そのイライラを相手にぶつけてしまう人いたりします。

 

 イライラしてしまうのは仕方がないとしても、それを相手にぶつけるのは良くないと思うんです。

 

 多分、イライラしている人は「私が正しい」と思っているんでしょうけど『正しさ』を人に押し付けてはダメだと思うんです。

 

 自分が正しい道を進むために「何が正しいか」を心に持っておくのは良いことだ思いますが、それは自分の心を律するものであって、誰かを裁くためのものではないんです。

 

 ましてや「相手が間違っていることを、私が教えてやる」なんて思うのは大きなお世話です。

 

 進もうとする道が違えば、何が正しいと思うのかも違ってきます。

 

 時代が違えば、マナーだって変わるんですから。

 

 誤解の無いように言っておきますが「イライラしても我慢しましょう!」なんて言いたいわけじゃないんです。

 

 イライラするのは当たり前ですが、そのイライラを人にぶつけるのはダメだと申し上げているわけです。


 『イライラする』というのも大事な感情ですよね。

 

 思い通りにならないことがあるから思い通りになった時は嬉しく思う。

 

 思い通りにならないことがあるから思い通りになることが有り難い。

 

 思い通りにならないことがあるから思い通りになることに感謝する。

 

 思い通りになることが当たり前だと感じる世界なんて、つまらないと思いますよ。

 

 そんな世界には行きたくないです。

 

 思い通りにならないことに折り合いをつけながらも、なんとか理想を諦めずに追い求めようとするから、楽しいんだと思うんです。

 

 なかなか手に入らないものを何とか手に入れるから嬉しいと思うんです。

 

 だから、イライラしたっていい。

 

 自分が何を大事にしているか分かるから。

 

 そして、そう思っていることに気づけたら、改めて自分に問えばいい。

 

 「本当にそうあるべきだろうか?

 

 って。

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。