不安を手放し、安心を手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

極めて普通の人でした。

2016.08.01


都知事選が終了し、初の女性都知事が誕生しました。それも圧倒的な強さ。テレビの速報で【当選確実】の文字を見たときには「ざまぁ見ろ!」と思いました。勿論、小池さんに対してではなく、小池さんの悪口を言った人や、政党ぐるみで邪魔をした人達に対する気持ちです。

 

◎最初はそうでもなかった

私も小池さんに投票しましたが、最初から応援してたわけではないのです。しかし「政党からの応援がない」とか「政党は、あえて別の人を推薦する」とか、著名人から「厚化粧」呼ばわりされるのを見て「これはイジメだ」と怒りの気持ちが湧いてきて、応援することに決めたのです。

 

◎私だけでしょうか?

そんな風に決めるのは良くない」と批判を受けるかもしれません。もしもこれが、そういう風な気持ちになる様に情報操作をされた結果だとしたら、とんでもないことですから。それでもやっぱり、弱い立場の人を応援したくなるのは、仕方がないことなんです。(実際には、強い人だと思いますが)そして、もしかすると私と同じ気持ちで投票した人もいるかもしれません。だとしたら、これは「性根の曲がった男性達に対するNOの投票だった」のかも知れないですね。

 

◎そんな思いもあって

だから『圧勝した』と分かった時には非常に嬉しく思いました。まるで自分の思いに賛同してもらったような気分(大きな勘違いに包まれた、優越感)を感じていました。ところで、実は、これまで私が投票した方は、ほぼ全員が当選しています。「凄いでしょ?」と言いたいのでなくて「当選するほど多くの方々と同じ考え方をしている、極めて普通の人間だ」と言いたいだけです。そしてそれは、私にとっては、とても嬉しいことなのです。

 

◎普通であることの幸せ

なぜ、普通の人間であることが嬉しいと思うのかといいますと、普通の人間ではないと思っていた期間が長かったからで…というか「自分は異常者だ」と思い続けたので(今は平気ですが)「私は、異常ではなく、普通なんだ」と思えると、すごく安心するのです。(自分が異常だと思ってた時の話は、機会があれば、どこかで話します。)

hutuu

というわけで、選挙で自分の普通さを実感して、嬉しくなった話でした。

 

 

やっぱり、普通が一番!

 

 

何かお手伝いできることがありましたら、気軽にご連絡ください

t-nakano@tokasu.com

サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

  • はじめてのマインドフルネス実践2017年5月26日

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。