不安を手放し、安心を手に入れる

「どうしてこんな目に会うのか」と思う時に読んでください。

2017.10.10


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 あなたの目の前で起きていることの全てに、肯定的な意味があります。

 

 

 この言葉を聞いて、あなたは素直に受け止めることができますか?

 

 

 昔、ある人からこれを聞いた時は素直に受け止められませんでした。

 

 

 「そんなわけないでしょ!!

 

 「何を言ってるんですか!!

 

 って、怒りが混み上げる感じさえありました。

 

 

 私だって、目の前で起きている事に、何らかの意味があるということは分かっています。

 

 

 物事には、何らかの原因があるはずですから、何か起きたということは、そこに何らかの原因があると推測することは出来るはずです。

 

 そしてその原因には、受け止め易いものもあれば、受け止められないものもあると思います。

 

 例えば、何か嫌な出来事があった時に「それはあなたがアレをしたから」と言われたら「そういうことなのか」と受け止めて、以降はそうしない様に気をつけることもできます。

 

 

 でも「それが、あなたの運命です」とか「あなたの前世が原因です」とか言われたら、何もしようがありませんよね。

 

 

 幸運の壺とか、お守りでも買えって言うことでしょうか? 笑

 

 

 私は、そんなの嫌です。

 

 

 だから、そんなことは信じません。

 

 

 自分に、何か悪い所があったのかどこを治せばいいのかを、はっきりとさせたい派です。

 

 

 悪い事には、悪い理由があるはずだと思っていたので。

 

 

 逆に、良い行いをすれば、良い結果が返ってくると信じていたので。

 

 

 だから「全ての否定的な出来事には否定的な理由があるし、全ての肯定的な出来事には肯定的な理由がある」と言われれば「そりゃそうでしょうね」と素直に受け止めたと思うんです。

 

 

 それが、全ての事には肯定的な意味があるなんて言われて「そうですか」と素直に受け止められるはずがない。

 

 

 じゃぁ、うつ病で苦しんでいる方には、どんな肯定的な意味があると言うんでしょう。

 

 

 ガンで苦しんでいる方には、どんな肯定的な意味があるのでしょう。

 

 

 体に障害がある方に、どんな肯定的な意味があるというのでしょう。

 

 

 「幸せだから、そんな気楽なことが言えるんじゃないですか?」

 

 

 そんな気持ちでした。

 

 

 今では、恥かしい限りです。 笑

 

 

 自分ひとりだけが不幸を背負ってるつもりだったのか…

 

 

 全ての不幸な人達の代弁者になったつもりだったのか…

 

 

 ただ歯向かいたいだけだったのか…

 

 

 とにかく、自分が置かれている状況に肯定的な意味があるなんて信じられなかったんです。

 

 

 でも、今ならわかります。

 

 

 昔の自分は、過去にこだわっていたんだなぁって。

 

 

 過去を振り返ってばかり生きていたんだなぁって。

 

 

 今ある事は、全て過去の延長なんだと思っていたんだなぁって。

 

 

 あんなことがあったから仕方がないんだ。

 

 

 過去は変えられないから、その先もずっと辛い思いをするしかないんだ。

 

 

 そう思っていたんだなぁって。

 

 

 でも、うつ病を何度も経験したからこそ、うつ病の再発予防について考えるようになったわけです。

 

 そして、それを仕事にしたいと思い会社を辞めました。

 

 

 そして、こうやってブログを書き、あなたに読んで頂けるようになった。

 それをあなたがどう思っているか、私には分かりませんが。 笑

 

 

 そういう意味では、私にとっては、うつ病を経験したことに肯定的な意味があったわけです。

 

 

 もしかしたら、誰かに何かを伝えるために病気になったのかもしれない。

 

 もしかしたら、同じ様に苦しむ誰かを、助けるためだったかもしれない。

 

 もしかしたら、同じ様に苦しむ人を無くすためだったのかもしれない。

 

 

 今、目の前に起こっている出来事を未来に向けてどう生かせるのか考えると、そこには肯定的な意味しかないのかもしれません。

 

 

 過去ではなく未来に目を向けるんだよって、言われている気がします。

 

 

 だから、今の私なら断言します。

 

 

 あなたの目の前で起きていることの全てに、肯定的な意味があるんです。

 

 って。

 うつ病に伴う悩みや心配について、わたし自身のウツ病経験を踏まえて解決に向けた支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。