うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

責任感や義務感ではない仕事

2018.08.01


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 あなたは、責任感や義務感が強い方ですか?

 

 

 約束を必死に守ろうとしたり…

 

 

 約束を守れないと自分を責めたり…

 

 

 約束を守れない人を責めたり…

 

 

 そんなことしていませんか?

 

 

 仕事をする上では、ある意味大事なことだと思うんです。

 

 

 ビジネスは約束で成り立っていますから。

 

 

 注文したものが手に入らないとか、期日が守られないとか、頼んだものとは違うものが届くとか、ありえない。

 

 

 あってはいけません。

 

 

 もしあったら、二度と注文しない。

 

 

 そうやって、お客様を失っていく。

 

 

 だから、ビジネスにおいては約束を重要視します。そういうものです。

 

 

 そして、ビジネスにおいては責任感や義務感が強い人が重宝がられます。

 

 

 というか、責任感や義務感がない人に仕事は任せられません。

 

 

 やって欲しいから頼むのに、それをやってくれないと困るわけです。

 

 

 だから、責任感や義務感が強い人に仕事を頼むようになるし、そういう人に仕事が集中します。

 

 

 そして、そういう人が忙しくなる。

 

 

 それでも、一緒懸命に約束を守ろうとするから辛くなる。

 

 

 そして、体を壊しくいく…

 

 …

 

 一方、責任感や義務感がない人には仕事を頼みません。

 

 

 頼んでもやらなかったら困るので。

 

 

 だから、頼んだとしても、できなくても困らないことしか頼みません。

 

 

 結果として、つまらない仕事ばかりが回ってくるようになります。

 

 

 そして、やってもやらなくてもいい仕事だから、自分が必要とされている感じもしない。

 

 

 そして、一緒懸命に存在価値があるように見せようとするけど…

 

 

 なかなか認めてもらえない。

 

 

 そして、誰も私を必要としてない…

 

 

 そう思って辛くなる。

 

 

 そして、心を壊しくいく…

 

 

 どっちも辛いですよね。

 

 

 じゃあ、どうすればいいのか。

 

 

 私は、両方必要だと思うんです。

 

 

 つまり、期限を絶対に守る仕事と、やってもやらなくてもいい仕事両方をバランスよくやるということ。

 

 

 頼まれる仕事で、やらなくてもいい仕事というのはあまりないと思いますので(もしあったら…ヤバいです笑)頼まれてもいない仕事をやるんです。

 

 

 例えば、トイレの掃除とか机の掃除とか…

 

 

 人一倍、大きな声であいさつする。

 

 

 なんていうのでもいいんです。

 

 

 誰かに声をかけるというのもいい。

 

 

 職場を明るくするのも、仕事の一つですから。

 

 

 あなたが、周りを楽にさせることだと思えば、それが仕事なんです。

 

 

 ただし、誰にも約束しないで下さいね。

 

 

 それを毎日やり続けるとか。

 

 

 約束してしまった瞬間から、責任感と義務感で辛くなりますから。

 

 

 誰にも宣言せずに、誰にもバレないように、ひっそりと続けてください。

 

 

 あなたが楽しんで続けられる様に。

 

 大丈夫。

 

 辛くなったら、やめればいいんですから。

 

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。