不安を手放し、安心を手に入れる

その7年後、ウツが再発したわけで。


 2回目のウツ病から回復した直後は「また再発するかも」と怖がったり、眠りが浅いと「また再発したかも」とオロオロしたりしましたが、7年間、お客様にも仲間にも恵まれて過ごし、再発の心配もしなくなりました。

 

 「今度こそ、もう大丈夫」と自信も出てきた私は、多少難ありの仕事にも手を出し始めました。

 

 こういう時が一番危ない様で…

 

 さまざまな症状が出て来ました。

●仕事のことが頭から離れない

●眠れない

●夜中に何度もトイレへ

寝た気がしないまま朝が来て、出社。

●体がだるく、重い

●疲れが残っており、すぐ疲れる

●頭痛とめまい

●胸の動悸と息苦しさ

当然、集中力や記憶力も低下します。

 

 しかし「これくらいはなんとか…
我慢し、診察も受けませんでした。再発を認めたくなかったのです

 

 ただ、周りは気づいていたようで…

 

 明らかに、前とは違う雰囲気を見て大丈夫かと声をかけてくれました。

 

 そして、診察も受けてないと知ると「絶対に、診察を受けた方がいい」と説得され、翌日、休みを貰い受診。

 

 案の定、うつ病と診断されました。


 3回目のウツ病を発症しました。

 

 前回から、7年も経っていたので、もう大丈夫だと安心してた頃でした。

 

 「もう二度とウツ病にならない!」と自信を持ってたのに…折れました。

 

 ご存知かも知れませんが、うつ病を2~3回経験している人は、その後に再燃・再発する確率が70%~80%と言われています。

 

 そして、私は3回目…

 

 もう、将来はないと思いました。

 

・今まで、いろいろ試してきたのに…

・今まで、いろいろと改善したのに…

・今まで、いろいろ鍛えてきたのに…

全てが無駄だったのかと嘆きました。

 

 そして、このまま一生、病気を抱えて生きていくのかと思うと、何もかも嫌になりました。

 

 そして、このまま私が生きていると周りの人に迷惑をかけ続けてしまう。

 

 私には、誰かを守るどころか、自分さえ守る力もない。

 

 生きているだけで、みんなの邪魔になってしまう。

 

 「また病気が治れば…」って他人は言うけど、治すまでに治療費も掛る。自己負担が3割と言っても、診察代と薬代で、毎回の出費が5千円ほど。

 

 それが月に2~3回。月1万5千円ほどになる。さらに、うつ病の治療は短くても1年はかかります。つまり、1.5万円×12ヶ月=18万円で、最低でも20万円近くの、治療費用がかかるんです。

 

 さらに、その治療中の収入が減る、(普段のようには働けないためです)又は収入がなくなることを考えると…

 

 もう、ますます嫌になります。

 

 今すぐに死んで保険金が下りる方が家族にとっては幸せではないかとも…

 

 よく平気で「自殺なんかダメだ」と自殺を考えたことない人が言うけど、どこまで状況を分かって言ってるの?と怒りさえ感じます。

 

 「死んだら終わりだから…」なんて言われなくても分かってるんですよ!バカじゃないんだから!

 

 「もっと、未来に希望を持とう!」なんて言ったりもするでしょ?

 

 うるせぇよ!

 

 こんな時に希望など持てるわけないでしょ? いい加減にして下さいよ!

 

 どれだけ思い詰めているか分かる?

 

 どれだけ周りに迷惑をかけたくないと思ってるか分かる?


 自殺する人間は自分勝手だなんて、よくも言えたものですね。

 

 気持ちがわからないのなら、放っておいてくださいよ。

 

 

 

 と…まぁ、こういう心境でした。

 

 

 

 よく「うつ病患者は自殺する危険があるから、目を離さないように」とか言うけど、こういう状況の時は、一人になりたいんですよね。

 

 自分が、ネガティブモードなのは、充分わかっているから、周りの人を、それに巻き込みたくないんですよね。

 

 それに、変に「そんなことないよ」とか励まされたりすると、それこそ、

 うるせぇよ!

と叫びたくなるので、ますます一人にしておいて欲しいわけです。

 

 もし、そばに居て欲しい人を挙げるなら、何も言わず「そうかそうか」と聞いてくれる人でしょうね。

 

 さらに、うつ病になった人の気持ちが分かった上で、聞いてくれる人なら最高なわけです。

 

 まぁ、そういう人は、非常に少ないわけですが…

 

 

 

 私の場合は、主治医がそうでした。

 

 本当に、いい先生に出会ったと思います。

 

 どんなことでも、気になったことはどんどん聞きました。

 

 他に、インターネットや本にも頼りました。

 

 インターネットや本にウツ病闘病記よくある質問とその答えなどが記載されています。

 

 そういうのを見ていると、他にも、私と同じように闘っている人がいる、挫けずに治った人がいると気づくことができます。

 

 うつ病になったことがない人には、なかなか理解して貰えない病気なので一人で抱え込む人が場合が多いです。

 

 そんな時に、経験者の声が聴けると安心できるんです。

 

 そして、無事に治療を進めることができて、回復することができました。

 

 また、1年かかりましたけどね。

 

プロフィールに戻る



PDF
  • はじめてのマインドフルネス実践2017年5月26日

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。