うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

ウツってなぁに?その仕組みと解決

2016.01.14


イベント詳細



こんな症状はありませんか?

ー何かに集中することができない

ーいつもより無口な気がする

ー自分の人生は失敗したと思う

ー何か恐ろしく感じることが多い

ーよく眠れず、途中で目が覚める

ーひどく不安になったりイライラする

ー何をするにも億劫で意欲がわかない

ー全身がだるく感じたり、疲れやすい

ーささいなことで自分を責める

ー気分がひどく落ち込み、憂鬱が続く

5個以上該当したら危険です!!

明るく元気に振る舞って、平気なフリをしてきたけれど、
もう限界かもしれない・・・

 

うつ病予防の1番は【うつ病に対する誤解を解く】ということです。

実は、多くの人が『うつ病は心の弱さの表れ』という誤解を持っていますので、自分にうつ病の予兆があっても、大丈夫なフリをしていて、「きちんとした適切な治療を受けている人は、1~2割にも満たない」という指摘もあるほどなのです。

一方、昨年の12月から、ストレスチェック制度が義務化され、着々と導入が進められており、これによって潜在的なメンタルヘルス不調「予備軍」が次々と把握されることになることが予想されています。

 

もし、あなたがウツ病と診断されたら、
または、あなたの大切な人がウツ病と診断されたら、

あなたはしっかり向き合えますか?

 

この講演会に参加された方の声をお聴き下さい。

 

「ウツ病にかかっていた当時は、何をしたらいいのか、どうしたらいいのか分からず、ひたすら、もがいていました。非常に苦しかった事を覚えていま す。この講演が終わった瞬間に、今までずっと抱えていた胸のモヤモヤがすっと引いていきました。楽になりました。参加するか迷っていましたが、本当に来て よかったです」(40代 男性)

「ウツ病にかかっている友人にどう接していいか、分からなくて今日は参加しました。苦しんでいる友人に、何もしてあげられないもどかしさを感じていました。今日、参加したおかげで、ヒントがもらえました。早速明日から実践してみようと思います。ありがとうございました」(20代 女性)

「もっと早くにこの話に出逢いたかったです。そうすれば、大切な家族を亡くさずにすんだのに。。この話はウツ病になってしまった人の家族にぜひ、聞いてほしい内容です。どんな風に本人と接したらいいのか、よく分かる講演でした。もっとたくさんの人に聞いてほしいです」(50代 女性)

 

1万人以上のカウンセリングを実施している臨床心理士だから、 説得力のある実践的な話ができます。

image

<講師プロフィール>
佐々木 浩介
鹿児島県出身。大学院卒業後、フリーの臨床心理士として病院、学校などで、1 万人以上のカウンセリングを実施。
NLP を使った最新のトラウマケアや、グループカウンセリングなどを行っており、患者さんやクライエントからも人望がある。
カウンセリングの傍ら、学校・企業・市町村などで年間約50 件の講演・研修等を行う。
<勤務・活動先>
・武井内科クリニック・各種学校(スクールカウンセラー)
・各企業のカウンセラー、市町村の市民相談カウンセラー
・私設カウンセリングルームfossete/フォセット霧島市
・企業・自治体での研修・講演など

 

ご存じの方も多いと思いますが、人には【正常化の偏見】という癖があります。
なので、異常な事態に遭遇しても「自分は大丈夫だろう」と思いがちです。
しかし、これが地震などの災害において、各自の対応が遅れる原因にもなるのです。
うつ病に関しても同じです。
あなたの大切な人がうつ病になってしまう可能性も考えれば、いつ、うつ病と向き合うことになるかわからないのです。
「自分は大丈夫だろう」と思っていると対応が遅れてしまうのです。

その時になって 「何をしたらいいの?どうしたらいいの?」と不安や悩みを抱えて欲しくないのです。
不安や悩みから解放され、安心して向き合ってもらいたいのです。

 

✔これってウツ?

✔どう向き合えばいいの?

✔どうやったらよくなるの?

✔いったい何が起こっているの?

✔発症しないためには?

などなど、あなたが疑問に思うことは何でも聞いて下さい。

 


(↑価格改変:2016年1月25日)

一人でも多くの方に、佐々木浩介先生に触れ、不安や悩みを解決するヒントを持って帰って頂き、私のような苦しみを経験する人を一人でも減らしたいと思っています。どうか是非、ご賛同下さい。

隠す

チラシのダウンロードはこちら
[wpdm_package id=’1347′]




PDF

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ